排卵日検査薬の使い方

頻繁に使うのでとにかく安い排卵日検査薬を教えてください。激安希望

排卵日検査薬を使っている女性の大半が積極的な妊娠を望んでいます。積極的な妊娠を望む場合、排卵時期にパートナーと仲良しすると妊娠する可能性が高くなりますので、そのタイミングを知るためにも排卵日検査薬は欠かせないものです。

排卵日検査薬はいつから使うのがいいのか分からない、どうやって使うのが効果的な使い方なのか分からないという悩みが、実際に使っている女性の間でもけっこうあるようですから、排卵日検査薬の効果的な使い方をおさらいしてみましょう。

排卵日検査薬は排卵時期に分泌量が急激に増える黄体形成ホルモンの分泌量を調べるための検査薬ですから、排卵時期を過ぎてから検査しても意味がないものになってしまいます。

排卵時期は人それぞれの生理周期によって個人差があるものですから、まずは生理周期を把握することから始めて下さい。生理周期を把握するには基礎体温をつけるのが手っ取り早い方法ですから、まずは基礎体温を1か月つけてみて、おおよそで構いませんから自分の生理周期を把握してみて下さい。

自分の生理周期を把握したら、翌月からは排卵日検査薬を導入しましょう。一般的に28日周期の女性で排卵日は前回生理から14日前後の頃と言われてますから、前回生理開始日から10日目くらいから使い始めると良さそうです。28日周期ではないというは、次回生理予定日の17日~20日前くらいから使い始めるのが良さそうです。

排卵日検査薬は毎日同じくらいの時間に検査を行うのが良く、判定が濃い陽性になったら朝と晩に2回検査を行うようにしましょう。これが排卵日検査薬の基本的な使い方であり、効果的な使い方とも言えます。